システィーナ礼拝堂の最後の審判

出典:https://ja.m.wikipedia

美術館を鑑賞した後は、ミケランジェロの最高傑作『最後の審判』を見にシスティーナ礼拝堂へ*゜

ここは長方形の礼拝堂で新しいローマ教皇を選ぶ時に使う場所でもあるんだそうです(*´ω`*)

残念ながら写真撮影禁止だったのでWikipediaとアマゾンから画像をお借りしております(;ω;)

スポンサーリンク

システィーナ礼拝堂の最後の審判

出典:https://pt.m.wikipedia

中に入ると部屋全体にぶわぁぁぁーーーーーっと描かれているミケランジェロの作品が目に飛び込んできて(●´⌓`●)!!!

この写真の正面の反対側の壁には『最後の審判』があり

出典:https://pt.m.wikipedia

これがまた素晴らしいのなんのって(´;ω;`)♡

ミケランジェロがこの絵にとりかかったのが60歳の時で、壁を450等分に分け毎日1区間ずつコツコツコツコツと450日間かけて

ほぼ1人で書き上げた

というんだから驚き(´⊙ω⊙`)!!!

おんなじことを毎日し続けるって簡単なようで難しいですよね。

計画はできるかもしれないけど、実際に実行できるかといったら・・・そうとうの根気強さがないと無理。。

絵の腕もそうだけど、人としてもすごすぎるよ(●´⌓`●)!!!

 

そして、最後の審判の絵をじっくりみてみると

出典:https://pt.m.wikipedia

真ん中にいるのがイエス・キリストで死者を左側の天国行きにするか右側の地獄行きにするか裁きをかけています。

 

また、この絵の中には総勢約400人もいるので、ふとウォーリーをさがせ!を思い出してしまいました\( ˆoˆ )/ 笑

1人1人みると違った表情や動きをしてるのですごく面白かったですよ♪

 

最後に、この印象的なこの青い背景は、なんと青色の宝石を原料にした絵の具でできてるんだそうで(・Д・)!!

こんなにふんだんに使って、総額いくらぐらいするのかな??この絵( ・⊝・ ;)汗

天井画

出典:https://pt.m.wikipedia

礼拝堂の上を見上げるとミケランジェロが描いた素晴らしい天井画が。

長さ約40mの天井にびしーーーっと旧約聖書の9つの物語の絵が描かれていてもう言葉がでません。。

その中の1つ『アダムの創造』の物語の

出典:https://pt.m.wikipedia

この絵のポーズ、どこかで見たことありませんか??

そう、あの有名なシーン!!!!

いぃーーーーーーてぃーーーーーー!!!

出典:https://www.amazon.co.jp

実はE・Tはアダムの創造の絵をモデルにしたんだそうですよ(๑• ω •๑) ♪

サンピエトロ大聖堂へ

礼拝堂の中は私語厳禁だったんですが・・・

ひそひそ声で話してる人の多いこと!!!!(←何回も静かにして下さいってアナウンスが流れる程)

人もすれ違うのに一苦労なぐらいいました(° °:)

 

今回、システィーナ礼拝堂にきたことでミケランジェロがどれだけすごい人物なのか知れたし、むしろイタリア旅行に来てなかったら一生ミケランジェロって誰・・・?ってなってた気がします。←おいおい

またいつか行けたらいいなぁ…(●´⌓`●)!!

さあ続いてサンピエトロ大聖堂へ向かいます♪

スポンサーリンク
コメント (2)

2 comments on “システィーナ礼拝堂の最後の審判”

  1. RICOさんはじめまして。
    同じツアーに参加を検討していてたどり着きました!
    とても素敵な旅行日記ですね。
    RICOさんのあたたかい人柄が伝わってきます。
    すごく細かく気になるところがすべて書かれており、とっても参考になります。
    ありがとうございます♪
    続きも楽しみにしています。

    • なおさん*°はじめまして♪
      嬉しいコメントしてくださったのに、今気付いてしまい…お返事が遅くなりすみません(;ω;)
      トラピックスのツアーに実際参加して、初めてイタリアに行く私にとって本当に大大大満足の旅行になりました♪
      そしてそして個人的なゆるっゆるのブログを読んでくださってありがとうございます(;_;)♡これからもどうぞよろしくお願いします*°

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です