イタリア新婚旅行★パスポート申請はいつまですべき?

阪急交通社さんのトラピックスのツアー、エミレーツ航空で行く!イタリア大周遊10日間の旅行に行くための準備期間の時のことをまとめてます*゜

今回はパスポートの更新と取得についてまとめましたʕ•ᴥ•ʔ♪

スポンサーリンク

パスポートの更新はいつまでにすべき?

イタリアに新婚旅行にいくためにお金と同じぐらい大事なのがパスポート(´⊙ω⊙`)

私は結婚して名字が変わったので更新と旦那さんのパスポートがきれたので新しく取得するのとで早くパスポートセンターに行かなきやいけないのにずぼらな私はなかなかいけずにいて!

旅行の1か月半ぐらい前になってこれはさすがにそろそろ行かなきゃまずいだろうと思い、パスポートセンターに行ってきました(๑• ω •๑)

パスポート更新、申請するときに持っていくもの

まず、パスポートを更新、申請するときには

  • 6ヶ月以内に発行された戸籍謄本戸籍抄本1通
  • 6か月以内に撮った写真1枚(切らずに持ってく)
  • 有効期限中のパスポート(更新する人だけ)

が必要なので事前に区役所に行って戸籍謄本をとりにいって(1通450円でした)、駅前やスーパー等にある証明写真でパスポート用の写真を撮りました(・ω・)

パスポートの写真は切らずにパスポートセンターに持っていかなきゃいけないらしく、危うくはさみでチョキンと切って持っていくところだったので気づいてよかった~!!!

あと、私は普段カラコンを着用しているのですが、パスポートの写真はカラコン着用してはいけないらしく・・・目がちょーーーんとした感じの写真に(´⊙ω⊙`)

通常800円でとれるものの200円プラスして美白モードで撮ったのに目は変わらず。←当たり前だ
これが本来の私、これが本来の私といいきかせる。笑

大阪のパスポートセンターのパスポート申請

大阪のパスポートセンターのパスポート申請は平日の9時15分から午後16時30分まで。

午後の15時過ぎるとかなり混雑するということだったので金曜日の午前中にパスポートの更新と申請に行ってきました!

私がパスポートセンターについたのが9時だったのですが5人ぐらいすでにあくのを待っている列ができていて、もしや結構待たないといけない感じ(・ω・`)?

と思ったのですが、15分になって窓口が開いたと同時に職員の方がてきぱきと誘導してくれるのでスムーズに申請することができました♪

だいたい終わるまで30分~40分ぐらいで申請できたかな(๑• ω •๑)

私がよかれと思って旦那さんに渡した一般旅券発給申請書(来たらすぐ書く紙)が、本当なら10年用の用紙で書かなきゃいけないところ、間違って5年用の紙を渡してしまう痛恨のミスをして2度書いたため、普通の人ならもう少し早く申請できるかもです。(5年用と10年用の用紙が似てるんだもん←だもん・・・。)

申請が終わったら、職員の方から〇月〇日から受け取りができるという控えがもらえるので、次回、お金と控えの紙をもっていってパスポートを受け取ることができます( ^ω^ )

あ!パスポートは申請してから受け取りまでだいたい6日ほどかかるそうです(・ω・)!(祝等除く)

パスポートの受け取り

申請してからだいたい1週間後ぐらいにパスポートをとりにいきました。パスポートを受け取り時間は

  • 平日は9時15分から19時まで
  • 日曜日は9時15分から17時まで

あいているので私は日曜日に買い物ついでに受け取りにいってきました(・ω・)♪

午後13時ぐらいにいったんですがぼちぼち人がいて、いすにかけて待ってる感じ。

でも、ただ受け取るだけなので回転は速い!!

パスポートを更新するだけの私は最初にパスポートセンター内で手数料として大阪府証紙2000円と収入印紙4000円を購入しシートにぺたっとはり担当者に提出。名字変えるだけで6000円の出費は痛い( ;∀;)。。。

ちなみに旦那さんは10年間のパスポートを申請したので大阪府証紙2000円と収入印紙14000円で計16000円かかりました( ;∀;)

1時間ぐらいかかるのかなと思いきや、だいたい10分から15分ぐらいで無事にパスポートを受け取ることができたのでよかった(*´ω`*)♪

※金額や受付時間は2017年7月現在のものです。待ち時間はその日によって変わると思うのでご了承くださいm(_ _)m

大阪府パスポートセンター本所(大阪府庁新別館南館)
住所:大阪市中央区大手前3-1-43大阪府庁新別館南館
TEL:06-6944-6626
最寄駅:地下鉄谷町線・中央線 谷町四丁目駅から1Aもしくは1B出口より徒歩で約2分(改札口からわかりやすい看板でてました!)
HP:http://www.pref.osaka.lg.jp

スポンサーリンク
コメント (0)

コメントする